肌を白くする方法 日常生活

基本の紫外線対策を徹底しよう


小麦色の健康的な肌もいいですが、やはり今のトレンドはシミや日焼けのない真っ白な肌です。

 

美しい白い肌をキープするためにいろいろな努力を重ねている女性が多いことでしょう。
中には高額な化粧品やエステなどを利用している方もいるかもしれません。

 

しかし、お金をそれほどかけなくても日常生活の中に取り入れられる肌を白くする方法というのはいろいろあるものです。

 

まず大切なのは、紫外線対策。

肌を白くする方法として、まずはこれ以上日焼けやシミを作らないという努力が必要です。
日焼け止めを塗ったり、日傘を使ったり、日中の日差しが強い時間にはあまり出歩かないようにしたりといった対策は多くの人がしていることと思います。

 

しかし、実はそれだけでは完璧な紫外線対策とは言えません。
なんと、肌に直接紫外線が当たらなくても、目に紫外線を浴びると全身にシミのもととなるメラニン色素が生成されてしまう可能性があるのです。

 

ですから、肌を白くする方法としておすすめなのがサングラスを着用することです。
これで目から入ってくる紫外線を抑えることができます。

 

いかにもという感じのサングラスはちょっと恥ずかしいという方でも、最近はレンズの色がほぼ透明でも紫外線カット効果の高いものがありますから、伊達眼鏡のように楽しむこともできます。

身体の内側から美白を目指す


肌を白くする方法というと、外側から肌に化粧品を塗ったりということが代表的かもしれませんが、実は身体の内側からアプローチするという方法もあります。例えばお尻 黒ずみ レシピだと外側からのケアは美白クリームやジェル。内側からのケアは白くする方法と同じくビタミンの摂取です。

 

肌のターンオーバーを促すなどして美白に導いてくれる成分の中でも代表的なのがビタミンC、ビタミンE、ビタミンAといったビタミン類です。
こうした成分はもちろんサプリメントなどでも摂取することができますし、美白を謳った製品の多くにはこういった成分が含まれているのです。

 

しかし、できれば日常の食事の中にも取り入れられたらうれしいところです。
例えばビタミンCですとレモンなどの柑橘系のフルーツを思い浮かべる方が多いでしょう。

 

いちごやみかん、グレープフルーツなどそのまま食べやすいものが多いので日常生活の中に取り入れやすいと言えそうです。

 

また、ビタミンCと合わせて摂取することでより美白効果が高まると言われているのがビタミンEです。

 

ビタミンEを多く含む食材としてはアーモンドなどのナッツ類が挙げられます。
おやつにそのまま食べればダイエットにも効果的で一石二鳥です。

 

そして肌の新陳代謝を高めてくれると言われているビタミンAといえばニンジンが代表的です。
炒めても煮ても焼いてもおいしく使いやすい野菜ですから、普段の食事に取り入れるのにぴったりです。


このページの先頭へ戻る